友人と、私・妻・子供2人の5人で、草津に2泊3日の旅行に行ってきました。

草津といえば、もちろん温泉なのですが、立派なスキー場もあって冬は雪遊びが楽しめます。
子供たちはまだオムツなので温泉には入れませんが、雪を楽しんでいました。

草津の楽しみと、子連れ視点で感じたことを書いてみます。

移動について

電車・バスでの移動

関東から草津へは、大宮から特急「草津」に2時間ほど乗り、その後は温泉街までJRバスで約30分の距離となります。

2歳と0歳の子連れなので、移動は大変です。
騒いでほかの乗客の方達に迷惑をかけないように、なんとか静かにしてもらわないといけません。

可能な作戦は以下くらい。

  • 寝かせる
  • お菓子を食べさせる
  • 本、もしくはスマホの動画を見せる(乗り物酔いしない程度に)
  • 電車では、騒いだらデッキに移動

2歳の長男は、だいぶ話ができるようになってコミュニケーションが取れるようになり、
静かにしてもらうのが楽になってきました。

基本は、お菓子で釣ります(笑)
うるさくするとグミあげないよ、とか言いながら、少しずつお菓子を与えます。

どうしてもうるさい場合は、抱っこ紐に収納してデッキに移動します。
この状態で寝かせて、席に戻れるのが理想です。
特急草津は結構揺れていて、デッキに立っているのが少し大変でした。

また、電車のあとにバスでの移動が25分ほど発生するのが少しネックです。
特急に乗っていた人は、おそらく全員バスに乗るので、補助席も含めて満員です。
バスでは「デッキに移動」ができないので、お菓子作戦と、本かスマホの動画でしのぐ必要がありました。

温泉街での移動

IMG_6463
湯畑を中心とする温泉街は、食べ歩きもできて非常に楽しいです。
すごい勢いで湯が湧き出てきていて、日本一の自然湧出量というのもうなずけます。
西の河原公園では、湯が川となって流れていて、スケールが大きいです。

ただ、以下の点は気を付けたほうがよいかと思います。

  • 細い道なのに、車も通る
  • 坂道が多く、ベビーカーは少し大変

時間に余裕をもって、温泉饅頭などを食べながら過ごすのがよさそうです。

草津国際スキー場

温泉街からバスで5分くらいのところに、草津国際スキー場があります。

このスキー場は、子供のための施設もそろっていて、非常に助かりました!

スキー場のホームページはこちらです。
草津国際スキー場キッズ情報

託児所

小さい子供を預かってもらえる託児所があります。
ここで少しの時間でも預かってもらえれば、大人だけでスキーやスノーボードを楽しむことができます。

私たちは次男を1時間だけ預かってもらいました。
それでボードレンタル半額、キッズパーク無料の特典がもらえて、とてもお得でした。

私は半額でレンタルしてスノーボードで楽しむことができ、妻と長男はキッズパークでソリなどの雪遊びを楽しみました。
長男はしばらく「この間、雪で遊んだねー」とよく話していて、よほど楽しかったようです。

休憩室(キッズパラダイス)

無料の休憩室(キッズパラダイス)があり、子供たちを遊ばせながらゆっくり休憩できます。
疲れた子供は寝ることもできるかと思います。
授乳室や、トイレにおむつ替え用のベビーベッドもあって快適に過ごせました。


ホテル・温泉

宿泊は、中沢ヴィレッジにしました。

オムツ用のごみ箱を貸してもらえたり、施設内にソリで雪遊びができる「森のスキー場」があり、とても便利でした。
食事も、バイキングで子供が好きなものを取れたので良かったです。
大人は、カニが食べ放題だったので、沢山食べました(笑)

温泉は、ホテルのお風呂だけで楽しみました。
本当はいろいろな旅館の内湯とかに入りたいのですが、オムツの取れていない子供連れだと難しいです。
部屋で子供たちをみる係、温泉に入る人を交代しながら朝に晩に温泉を楽しめました。

雪遊びでや育児で疲れた体を癒すことができたと思います。




3月の草津は、雪遊びもできて子連れでもとても楽しむことができました。
また、来年も行くことを検討したいと思っています。