3歳と1歳の子供を連れて、クアラルンプールへ旅行してきました。

今回は、子供を遊びに連れて行った所や、クアラルンプール内の移動についてです。
日本からの飛行機と宿泊については以下で書いています。

3歳児と1歳児を連れてのクアラルンプール旅行記 移動と宿泊編

おすすめ子供の遊び場 屋内

まず、クアラルンプールは常夏で日差しがきつく、暑いです。

そのため、遊ばせるのは屋内が基本になるかと思います。

マレーシアに駐在している方に聞いたのですが、現地の子供たちも屋外で遊ぶことはあまりないそうです。

アクアリウム

まず、一番お勧めなのはKLCCの地下にある水族館です。
http://aquariaklcc.com/

規模が大きく、中には階段もあって登ったり降りたりもします。

でも、ベビーカーで歩いているとスタッフの人がエレベーターに誘導してくれるので、小さい子連れでも安心です。

最初にピラニアがお出迎え。展示が面白いです。

水族館ですが、魚だけではなく水辺にすむ生き物もいます。

カワウソもいました。

カワウソがエサをもらいながら芸をしているところを見ることもできます。
ボールを投げると、走ったり泳いだりしながら取りに行きます!

蛇もいます。

この蛇は水に落ちたのですが、水面を跳ねながら木の上へ戻っていきました。すごい。

展示にも工夫がされていて、マレーシア周りのジャングル?を再現したエリアもあります。

巨大な川魚が沢山いました。日本の水族館では見たことがない気がします。
あまりの大きさに子供はビビッていました(笑)

その後、アーチ型になっている水槽の中を通るトンネルがあります。

足元の歩道が自動で動くので、立っているだけで先に進めます。
(ベビーカーは、動く歩道ではなく横の通路を押すことになります)

水槽の中にはエイやサメなど大きい魚もいて、子供はサメにびっくりしながらも、「サメ!」「歯がトゲトゲ!」と楽しんでいました。

子供はもちろん大人も楽しめると思います。

広いので、走り回るお子さんがいるときは注意してください。うちの次男も走っていってしまい、一瞬迷子になりました^^;

ペトロサイエンス

http://www.petrosains.com.my/

ツインタワーの近く、ショッピングセンター「スリアKLCC」の中にある科学館です。
石油採掘会社であるペトロナムが運営しています。

中はとんでもなく広いです。

宇宙に関する展示、恐竜のエリア、映像や器具を使った頭を使うゲームみたいなものが沢山あります。

ペトロナムは石油採掘会社なので、石油を掘る重機や、海洋上の石油掘る所の再現もあります。長男は、採掘する人が着ている服を着てポーズ!喜んでいました。

あとはスポンサーしているF1に関連して「スピード!」エリアも。
ボールを投げて球速を測る機械があり、私が必死に投げました(笑)

3歳と1歳の子供を連れて行きましたが、頭を使わないとできない展示も多いので、全部を楽しもうと思うと対象年齢はもう少し高めかと思います。

ただ、滑り台や大きいレゴブロックがある小さい子供用の遊び場もありましたし、恐竜のエリアとかは単純に楽しめるので、大丈夫でした。

普通は2時間かかると言われましたが、走り回る子供たちに沢山遊ばせていたら、3時間くらい滞在しました。ちょっと疲れました^^;

子供の遊び場 屋外

屋外は暑いので、子供たちには水分補給をこまめにしましょう!

外を歩くときは帽子があったほうがいいですねー。
あとは、虫よけと日焼け止め。このあたりは日本と同じでしょうか。

プール

泊まっているコンドミニアムの屋上にプールがあって、そこには毎日行きました。

日本は冬なのに、プールで遊べるって少し贅沢な気分。

水着は持っていっていましたが、ほかにグッズがなかったので、ショッピングセンターの中のトイザらスで浮き輪を買い、100円ショップのダイソーもある(Pavilionの「トーキョーストリート」というところにあります)ので、そこでビーチサンダルと水中メガネを買いました。

子供は保育園のビニールプールくらいしか入ったことがなかったので、大きいプールに喜んでいました。

最初は恐る恐るでしたが、浮き輪をして引っ張るとキャッキャッと喜んでいました。

日焼けしすぎないように気をつけてください。
帰国して保育園に行ったら、日焼けした子供に先生が驚いていました^^

KLCCパーク

ツインタワーの近くに、KLCCパークという大きな公園があります。

この中には、日本の公園と同じように滑り台やブランコなど、遊具が沢山あるエリアがあります。

ここも規模が大きいです。滑り台だけでも10個以上あったのではないかと思います。
しかも、暑くて利用者が少ないから遊びたい放題でした(笑)

水遊びができるエリアもあります。子供たちは大喜び。
事前に調べていたので、着替えをもっていきました。

寝かせるには

妻の出張について行ったので、妻は日中仕事をしています。クアラルンプールにてワンオペ状態。

2人の子供が同時に寝てくれないと、休憩できません。

日本と同じように、ベビーカーに長男を乗せて、次男を抱っこ紐でゆらゆらして寝かせていました。

泊まっているアパートの近くで寝かせないと、帰るまでに起きてしまうので、アパートの近くでウロウロします。

クアラルンプールは車社会で、あまり歩く人がいないのか、歩道はガタガタです。ベビーカーを押すのがつらい。

あと、信号が少ないうえに車が多くて道を渡れない。みんな無理やりわたります。子連れでは少し怖いです。

そのため、普通の歩道ではなく、スカイウォークを歩いて寝かせていました。

スカイウォークの中は平坦だし、冷房も効いているし、パビリオンからKLCCパークも繋がっていて距離もあるので、寝かせるには良いと思います。

移動はUberで

クアラルンプールでの移動は、Uberを利用しました。

もちろんタクシーでも良いのですが、クアラルンプールではuberはすごく普及していて、すぐに呼ぶことができます。
先ほどのスカイウォークの中にも、uberの広告が沢山貼ってありました。

日本では使ったことがなかったのですが、ものすごく便利でした。
まず、スマホで予約ができます。

現在地と目的地までの距離から、値段が決まります。
日本のタクシーより全然安いです。

行先を決めて予約するので、ドライバーには伝わっている。だから英語で説明しなくていい。

ドライバーも行き先までスマホのナビを使いながら向かうので安心。

決済は事前に完了している。ぼったくりとかの心配をしなくていい。

思いついて移動するときでも、直前でもすぐにドライバーが見つかりました。

まとめ

子供を遊ばせることができる施設をご紹介しました。
外が暑いので、プールで遊ぶか
屋内施設の水族館や科学館に行くのがオススメです。

今回ご紹介したところは全てKLCC周辺なので歩いていけますが、少し足を伸ばしてレストランやショッピングセンターに行くなどの際は、uberを利用するのがオススメです。